なんでもない日常

なんでもない私の日常を書いています。

私もすごく悩んでた 会社やめる?生きるのやめる?

  私も会社やめるか、生きるのやめるか、すごく迷っていた時期があった。


  そこから色々あり、なんとか生き残ってもうすぐ5年になるかな?という感じなのですが、本当にあれは無駄な時間であり、苦しすぎる時間でもありました。あのクソ企業の商品は二度と買わない!衛生的にもヤバイし、ブラック企業に貢献してもいいことないもんねー(・∀・)ついでに◯◯さん達のことも恨みまくっている。絶対許さない。ブラック企業に染まってブラックと共に消えてしまえ、時代の波に飲み込まれて消えてしまえ!!お前らの作った常識がお前らとお前らに関わってしまった人間を不幸にしているんだよ!!!



 ふーー!!!!(・∀・)!!!!



  結局5年はなんとか生き延びれました。実家に頼ることのできる環境だからこそできたことかもしれないけど、あのまま死ななくて良かったーとしか言いようがないくらい今は楽です。たとえお先真っ暗な派遣社員だとしても、常に目の前真っ暗なあの頃よりもずーっと幸せ!!しかもお金もあの頃より稼げてるし!!休みもあの頃よりあるし、いいことだらけー!!


  そりゃ仕事辞めたあとは焦りとかあったし、お金も結局なくなって辛い気持ちとかあったし、次に入った所もキモいくらい酷い所で心も病んでしまって立ち直るのに時間もかかったけれど。


  私を救ったのは私の呑気な気持ち。


  もうテキトーでいいや、どうせ自殺願望しかないし。


  そんな気持ちでバイトを始めて、そこもすぐになんの躊躇いもなくやめて次のバイト探して、そこもなんの躊躇いもなくやめて現在に至る感じですね。


  仕事ごときで死ぬなんて真っ平。


  前までは死ぬ前に色々やらなきゃ!って感じだったけれど今はそんな考えもありません。あー、死んだらそこで終わりになるんだ

。もう、なににも追いかけられない。

 

  もう、なんの準備もいらないんだ。


 

  そこでスーッとまた楽になりました。なら、生きられるところまで楽しく生きてみよう。死んだらそこで全て終わりなんだから、先のことを心配する必要なんてなかったんだ。


  それでもたくさん悩むし嫌な思いもするんだけどね、少しずつ考え方が変わっているのを実感しています。


 猫との出会いにより稼ぐ理由も生きる必要もできたしね。

  

  美味しいもの食べて、ステキな宿に泊まって、煩悩も適度に満たしつつテキトーに生きてます。悩んでたって、いいことなんてありませんでした。


  無能な人から罵倒されるのは嫌いです。


  パワハラモラハラ、絶滅しろ!と本気で思ってます。やってる人間に生きる価値などないと本気で思ってます。


   でもその人達はその人達で生き続けていくものだとも思ってます。自分でつくった地獄から抜け出せずにいるのだと思ってます。


  なんて不幸!

  なんて悲劇!


 

 私はそれは嫌だから脱出したまでです。負け犬だの、逃げだの、どこ行っても同じだの、辞めグサがつくだの色々邪魔されましたが、ブラック企業の奴隷ならではの考え方に失笑しちゃいます。

  

  私はお前らよりも稼ぎ休み幸せになっている。



 その事実を積み重ねるだけです。