なんでもない日常

なんでもない私の日常を書いています。

生きてる間だけ

  楽しむのも贅沢するのも、美味しいものを食べるのも体を動かすのも、悩みを話せるのも殴り飛ばせるのも、生きている間しかできないこと。


  なにか言ってあげたくても、殴ってやりたくても、死なれちゃなにもできない。


  死にたくなる年齢、死にやすい年齢って不思議とあると感じる。それは偶然に近いようにも思える。

  生き延びて欲しかったなぁ、と思う。


  自分を責めてもなんにもならない。

  周りの声が聞こえなくなって、自己嫌悪に陥いるのはそんなに楽なことだろうか。

  

  どうして死んだのかわからない。けれど、こんなに早くいなくなるのなら、あんなに悩まなくても、苦しまなくても良かったじゃないか。


  失礼なようだけど、私は死ぬまで能天気に生きる。どうせ人間死ぬんだもの。