なんでもない日常

なんでもない私の日常を書いています。

自分がしょぼいことは知っている

  ステキな女性を見ても見なくても、私は自分しょぼいなぁ(つД`)ノということを知っている。


  家事が得意なわけでもなく

  

  仕事ができるわけでもなく


  それどころ派遣社員


  手に職もなく


  趣味もなく



  やる気もさほどなく


  は〜


  とため息をつきたくなるくらいなのを知っている。



  でもそんなことをしても事態は好転しないので、今日も私は自分のことを褒める。


  朝起きれてえらいね


  お弁当作ってえらいね


  お仕事行ってきてえらいね


  無事帰ってきてえらいね


  と、密かに自分を褒めまくる。


  生きてるだけでえらいねレベル(・∀・)!!


  それで好転するのかはわからないけれど、悪くなることはないだろう。