なんでもない日常

なんでもない私の日常を書いています。

また一つ・・・

 また一つ時間が過ぎていきました。

 

 そんな気がします。

 

 30になり早2年が過ぎたということですね。

 

 すこしずつ年齢の重みが増していきます。

 

 思えば20代後半から色々あり、それから現在まで色々なことが起こりました。

 

 そして私は悟りました。

 

 

 私大人になれない(´ ω `)ノシ ショモーモナイサトリ

 

 

 多分あれですよね。女性的人生計画をたてるとするなら、今結婚してて子供いてそろそろマイホームをみたいな年齢ですよね。両親は猫を溺愛してるどころか、孫を溺愛してる頃ですよね。


  ご近所さんとも上手くやって、ママ友とニコニコランチしてたりして、考えただけでゾッとします((((;゚Д゚)))))))


 

 多分私だって結婚まではギリその暗黙の了解的な人生を送ってたと思う。

 

 その後の離婚も、まぁ現代っ子ぽくスピード離婚でまだ年齢的にもセーフだったと思う。

 

 そうやって未来の自分に期待して、うまくできなくて、苦しくなって、まぁいいやって思って。

 

 

 それでも、次の年は素敵な年になるといいなとか。

 

 答えみたいなのがでてるといいな、とか。

 

 なにかが変わってたらいいなとか、永遠なんてあり得ないんだし、とか。

 

 そんな棚からボタモチが落ちてくるのをどこか期待していた。

 

 

 でもそんな期待多かれ少なかれ皆していることだし、それが人生の楽しみになるのなら全然アリだとも思うよ。でも私はそれでは辛くなるばかりだった。

 

 だから今年は心底私はこう思った。

 

 

 もう自分の年齢なんて数えない( 厂˙ω˙ )厂うぇーい

 

 

 もうしーらない。

 

 なんにもしーらない。

 

 

  

 

 そして本日なぜか4年前の通販のカタログが父の部屋から発見された。

 私が当時傷心に浸りながら眺めていたファッション系のカタログだった。

 

  当時まだ20代だった私は今よりも冴えなく、価値観に苦しむ日々を過ごしていた。



  今現在思うことは、正解なんて自分で作ればいいんだ。ずっと前から言われていたことだけど、それをやっと「あぁ、そうなんだなぁ」と思うようになった。



  服を選ぶことさえ辛いような生き方はもうウンザリ。



  ねー( ^ω^ )  


  f:id:chocolate1985:20170621233210j:plain