なんでもない日常

なんでもない私の日常を書いています。

寂しい女が誕生日間近にやること

  寂しい私が誕生日間近にやること。


  理想のケーキの画像を集める。


  理想の花束の画像を集める。



  見てウットリ(*´ー`*)



  便利な時代になったものです。



  夜景が綺麗に見えるレストランなどでシャンパンなどを飲みながら・・・



  f:id:chocolate1985:20170525024404j:plain



  な画像を見て見たり。




  見ながら思う。私にはこんなお店似合わないよなぁ、写真で充分だぁ(o^^o)



  花束はこんな感じの赤メインが可愛いと思う。


f:id:chocolate1985:20170525024342j:plain


  私が人生で花束を個人的にもらったのは、女の友人からの一度きりだ。



  なぜなら私は花が嫌いだから、送る方も花より酒のが無難かな。と、思うらしい。バラとかカスミソウとか好きな花もあるのだけど、嫌いな花も多い。


  花束をくれた友人は花屋さんにこう伝えたらしい。


「花嫌いの人でも大丈夫な花束にしてください」



  花屋も私もビックリだ。でも気持ちは嬉しかった。嫌がらせではないとわかっていたから。



  花束は豪華にもバラとマーガレットがたくさん包まれていた。私が二十歳のときだった。


  ケーキはお洒落な居酒屋でだしてもらった。小さなホールのチョコレートケーキに花火が刺さっているものだった。

 


   よく覚えているのは、嬉しかったからだ。



  今年は久しぶりに女性ではなく男性と祝えるなぁ、と思ってたのだけど、私が体調不良の時も強引なラインが続いたため合わないなと感じ疎遠にした。


  実際知り合って間もない人から祝ってもらっても、凝ったものならドン引きだし、手軽すぎても微妙な気持ちだしで、素直に喜べなかったと思う。


 

  今年も一人かぁ( ´Д`)


  あ、子猫様がいらっしゃった、子猫様もそろそろ誕生日だ。



  ケーキとスパークリングワイン。


  子猫様にはササミかなぁ(*´ー`*)



  それを堪能するためには、まずはお部屋の掃除からヽ( ̄д ̄;)ノ