なんでもない日常

なんでもない私の日常を書いています。

どんな人がタイプ?

    どんな人がタイプ?



  と聞かれても、私は困ってしまうことが多い。


  が、最近傾向がわかってきた。


  良くも悪くもマイペース、周りからヒンシュクかってもなーんとも思わないというか、気づいてないというか、変なところで図太いというか、馬鹿というか、開き直ってんじゃねーよ!っていうか



  そんな人を好きになりやすい。



  えへへ〜(*´∀`*)



 と笑おうものなら一発で私は落ちるでしょう。



  たとえ周りからは「クズ、ろくでなし」と呼ばれようと、えへへ〜(*´∀`*)の一瞬は私には悪戯っ子の笑みに見えます。



  でもね、これはただのサボリ野郎にはできない笑みなんです。



  ただのクズにはできない笑みなんです。



  

  私のツボにも選定という道のりはあり、それをスパッと通り抜けた者にキュン(´ω`)とします。


  そんなことできなくてもいいよね〜。



  そこまで周りに合わせる必要ないよね〜。



  体育会系マジで意味不明だよね〜。




  と、こんな感じできっとその人に共感した時に好意を寄せるのかもしれません。



  こうしなきゃ!


  頑張ります!


  理解するように努めます!




 な、ノリの子はあまり可愛くは思えない。



  だって無理だもの。なら最初から




  そうなのかな?(´-`)?




  な、くらいの無害加減のが安心します。